会社情報
COMPANY

社長ご挨拶

代表取締役社長 高橋 禎一
日本空港無線サービス株式会社
代表取締役社長 高橋 禎一

 成田国際空港の開港に先駆けて1977年に設立された日本空港無線サービス株式会社は、お陰様で2017年8月に創立40周年を迎えることができました。当社サービスをご愛顧いただいているお客様をはじめ、これまで事業を支えていただいた各社様、関係各位に心より感謝申し上げます。

 当社は、成田空港における業務用無線通信の運用業務を通信事業者より受託する会社として出発しましたが、2000年に無線通信網の構築からサービスの提供までを一貫して行う電気通信事業者となり、以来、地上管制やグランドハンドリング、搭乗案内、警備等の様々な業務に不可欠な「空港MCAサービス」を2空港に、そして航空機とその航空会社オペレーション間の連絡業務に利用される「A/G無線電話サービス」を全国主要7空港に展開してまいりました。これらの無線電話サービスは、空港専用に割り当てられた周波数と、特に信頼性に重点を置いて設計・構築された通信設備、そして24時間365日の維持管理体制に支えられており、携帯電話等の利用が困難となった東日本大震災においても、何ら支障なく安心してご利用いただくことができました。

 成田空港と那覇空港の2空港で提供している「空港MCAサービス」につきましては、昨年から今年にかけて、実質的な世界標準のTETRA方式に全面更改いたしました。TETRA方式は、海外において警察・消防の連絡手段はもとより、近年のオリンピックの運営ツールとしても高い評価を得ており、ミッションクリティカルな空港業務に最適なシステムと言えます。また使い勝手としても、通話エリアの拡大や音質の向上、携帯端末の小型化、電池の寿命の改善などが図られ、お客様より好評を得ております。さらに端末に搭載されているGPSやWiFi機能、インターネットを通じたスマートフォンとの通信機能などが加わっていることから、動態管理や空港間連携など新たな利用形態に期待が寄せられており、当社は今後これらの技術を応用した新たなソリューションを提案し、サービスの付加価値を向上していきます。

 私たちは、空港業務を支える通信インフラの提供事業者として、いつでも安心してサービスをご利用いただけるよう、引き続き設備・サービスの安定的な提供に努めてまいります。また、お客様のご要望に常に耳を傾け、新たな通信方式や技術・機能の導入に積極的に取り組み、より安価で利便性の高いサービス展開を目指すことで、航空産業のさらなる発展と空港の安心・安全に貢献してまいります。

平成29年8月
日本空港無線サービス株式会社
代表取締役社長 高橋 禎一

会社情報
COMPANY

メールでのお問い合わせ

日本空港無線サービス株式会社
無線機・サービスに関するお問合せ
0476-32-8883
料金に関するお問い合わせ
0120-32-9688